ようこそ

 

診療内容

小児科一般診療、喘息・アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患診療、乳児健診、予防接種を行います。
※当院では発熱・咳などの一般診療と乳児健診・予防接種の待合室・診察室を別々にしております。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

当院では発熱・咳などの一般診療は、

①WEB予約(順番制)(パソコン・携帯電話から利用可)

②電話予約(順番制)(予約専用電話番号050-5533-6399)

③直接来院していただく

という3つの方法を導入していますが、予約された方優先でご案内しております。午前順番予約、午後順番予約(午前で予約不可)でそれぞれ来院されてから窓口で受付をお願いします。

ただし、来院されたときに順番が過ぎているとお待ちいただくようになりますので余裕をもってお越しください。

なお、診療時間内に必ず窓口での受付をしていただくようお願いします。

 

予防接種・健診は予約制です。窓口、電話(089-948-0115)でご予約ください。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2019年9月9日RSウイルス感染症(Respiratory syncytial virus infection)

RS感染症が流行傾向です。

RSウイルス感染症はRSウイルスによる呼吸器系の感染症です。患者の約75%以上が1歳以下の小児で占められています。例年秋から冬にかけて主に乳幼児の間で流行していましたが、2017年から夏にRS感染の患者さんが増加して8月~9月がピークになっています。患者さんの咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるRSウイルスを吸い込むことによる「飛沫感染」が主な感染経路ですが、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」もあります。潜伏期間は4〜6日です。症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。低出生体重児、心疾患、肺疾患、免疫不全のある方は重症化のリスクが高いといわれています。初めて感染した場合は症状が重くなりやすいといわれており、終生免疫は獲得されないため、どの年齢でも再感染は起こります。乳幼児期、特に1才以下でRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがありますので、咳がひどい、ゼーゼーいう、発熱が4日も続くなどあれば必ず受診するようにして下さい。

診療予約・健診予防接種予約について

当院では発熱・咳などの一般診療は、

WEB予約(順番制)(パソコン・携帯電話から利用可)

電話予約(順番制)(予約専用電話番号050-5533-6399)

直接来院していただく

という3つの方法を導入していますが、予約された方優先でご案内しております。午前順番予約、午後順番予約(午前で予約不可)でそれぞれ来院されてから窓口で受付をお願いします。

ただし、来院されたときに順番が過ぎているとお待ちいただくようになりますので余裕をもってお越しください。

なお、診療時間内に必ず窓口での受付をしていただくようお願いします。

予防接種・健診は予約制です。窓口、電話(089-948-0115)でご予約ください。

2019年9月2日【百日咳について】

2019年9月2日

今日から学校などでは、2学期が始まるところが多いかと思います。学校が始まると病気の流行が見られる場合があります。最近小学校での百日咳の報告がチラホラあります。国立感染症研究所から2018年の年間患者報告が公表され、11.190例もの報告がありました。年齢別に最も多かったのが7歳をピークとした5~15歳未満が64%で30~50歳代が16%、生後6か月未満で5%でした。5~15歳未満の方で百日咳ワクチンを含む4種混合ワクチンもしくは3種混合ワクチンを4回全て終了している人が81%であったのにもかかわらず百日咳に罹患していることになります。百日咳と確定された場合(鼻の奥に綿棒をいれて鼻水を採取し検査機関に提出します。結果が出るには約5日間かかります)には、百日咳に効果のある抗生剤を1~2週間服用することになりますが、咳の症状が出現して1カ月もたっていると効果がない場合もありますので、咳が1~2週間継続するときは、医療機関の受診を考えてください。(幼稚園・保育園では冬に流行するRSウイルスによる咳の方も最近多く来院されています。)

一般の待合室の絵を「スティッチ」と「マリーちゃん」に変更しました。コンセプトは《スマイル》です。スティッチなりの笑顔です。来院された時に鑑賞していただければ幸いです。

季節の変わり目ですので体調にはくれぐれもご自愛下さい。

 

現在、12歳の方…”二種混合”の予防接種は済んでいますか?

”二種混合”11歳から13歳未満(13歳の誕生日の前日まで)の方が対象者です

定期の予防接種なので母子手帳で確認をしてみてはいかがでしょうか。

まだ受けていないのであれば予防接種を受けるようお願いします。

予約は窓口・電話(089-948-0115)で受付しております。

当日でもワクチンの在庫・時間帯によりお受けすることもできますのでご連絡ください。

(受けられる方については予約時に体調などをおききします。)

予約の際は、母子手帳・予防接種手帳で確認をしながら予約を受けますので用意して連絡をお願いします。

水痘ワクチンの定期予防接種

平成26年10月1日より水痘(みずぼうそう)ワクチンの予防接種が定期接種となりました。

定期接種を受けれる対象者は以下の方です。なお、水痘の罹患歴がある方は対象とはなりません。

● 1~2歳の方で3歳のお誕生日の前日まで

○これまでに水痘ワクチンの予防接種を受けていない⇒2回定期接種可能(1回目から2回目の間隔は最低3か月は開くこと)

○これまでに水痘ワクチンの予防接種を1回受けている⇒1回目以降3か月は開けて2回目が定期接種可能

定期予防接種の追加・変更~平成25年度~

◎平成24年度まで助成されていたヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン・子宮頸がんワクチン

平成25年度から定期予防接種の対象となりました。

子宮頸がんワクチン対象者:小学6年生から高校1年生女子

BCGは対象期間が生後1歳に至るまでとなり、接種時期が生後5か月に達した時からに変更となりました。

日本脳炎「特例対象者」の範囲が拡大されました。

H7.6.1~H19.4.1生まれの者⇒H7.4.2~H19.4.1生まれの者

不活化ポリオワクチン接種

9月からの不活化ポリオワクチン接種施行にあたり、予約受付をしています。

予約の際は生ポリオワクチン・不活化ポリオワクチン接種の有無をおききしていますので、母子手帳での確認をお願いします。

《接種スケジュール》 詳細はこちら

予防接種のご案内

予防接種について

当院では、予防接種と発熱・咳など一般診療の待合室・診察室を別々にしておりますので、予防接種を診療時間内に一般診療と並行して行います。予防接種をご希望の方は、予約制ですのでお電話または当院受付にてご予約をお願いします。市や町が発行している予防接種券(定期接種の場合)と母子手帳をご持参ください。

詳細はこちら

診療案内


インターネットから予約ができます。上記のボタンよりお入りください。

Archive

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031